−ちょっと一言−

弊店は墨蹟、禅僧の書や絵画を専門にお取り扱いしております。 文人、画家の掛け軸は専門にはしておりません。

中には略歴や師匠関係の判明しない禅僧もありますが、ほとんどは日本禅宗史上、著名な、また重要な 禅僧ばかりです。老師(ろうし)と呼ばれた禅僧で、正しく伝灯の正師に嗣法した人であり、禅に志す 参禅者の指導の重責を担った人ばかりです。一般の家庭でいう家系図のようなものがあり、それを法系と 呼びますが、師匠を代々さかのぼっていくことができ、最終的にはお釈迦様までたどり着きます。

長年の修行の積み重ねによる無心の境地からあふれ出る墨の美しさは観る者の心を打たずにはおき ません。そこに技法を離れ、巧拙を越え、形式を脱した独自の世界が広がります。それぞれ家風があり、 衆生済度の誓願を堅く内に秘め、慈悲心に裏打ちされた気迫、風雅、ユーモアを味わうことができます。また、 揮毫されている禅語の深さは格別のものがあり、励まされたり、一喝を食らったり、観る人によりその 受け取り方は千差万別でしょう。若い時には理解できない禅語も、ある時期突然、なるほどと合点がいくこと もあります。

数百年前に遷化され、現実にはお会いすることのできなかった禅僧にその墨蹟を通じ、直接的にお目に かかれ、その禅風を肌で触れ、参じていけるのです。そういった意味では、墨蹟は単なる美術品ではありま せん。一幅の墨蹟を床の間に掛けることにより、その部屋の雰囲気は一変することに驚かれることでしょう。 清澄な境涯の禅僧の墨蹟は部屋全体を清澄にします。そして、観る者の心まで清澄にしてくれるのです。このような澄んだ墨蹟の書けるような人になりたいと念ずれば、人はその思いに引っ張られて行きます。格好の見本が 目の前にあるのです。

このホームページに収録した墨蹟は弊店が厳選を重ね、掲載しております。もしご不明の点がございましたら 何なりとおたずねください。お気に召します墨蹟がございましたら、ご用命のほどお待ち申し上げております。

自休菴店主 山口 順生 敬白

[Top Page]