ID No: 11466 僧 名: 百拙 元養 ヒャクセツ ゲンヨウ
生没年: 1668-1749 宗 派: 黄檗宗

語 句: 朱衣達磨図賛 狩野永硯書 揚江風棹迷津を渡す 少室翻え来る坐電の人 玉蘂蘆花半隠多し 灼然今日全身を見る 海雲遠孫七十七翁 百拙拝題 狩野永碩書

寺 院: 黄檗宗 海雲山法蔵寺 仏国寺9代

別号・他: 号を釣雪、晩年に葦菴叟。京都の人。15歳、東海祖津について出家。光雲寺の英中元賢、その法嗣大随玄機の鉗槌を受ける。大随は英中の勧めで黄檗の高泉に参じ、のちその法嗣となる。その関係で、臨済より黄檗に転派。29歳、大随に嗣法。48歳、仏国寺第9代住持に晋山。近衛家の帰依を受け、洛西鳴滝に海雲山法蔵寺を復興。天皇、公家、文化人との交流多く、書画を能くす。寛延2年示寂。世寿82。 狩野永碩 1690−1759 江戸時代中期の画家。 元禄(げんろく)3年生まれ。麻布一本松狩野家の休山の子。狩野主信(もりのぶ)にまなび,陸奥(むつ)盛岡藩の御用絵師となった。宝暦9年2月23日死去。70歳。名は一信。通称は金五郎。

本紙寸法 /cm: 124.5*56.7 全体寸法 /cm: 185*68

形 式: ドンス縦丸表具
状 態: 紙本虫穴あり 修復済 表具美麗 仕立直済
箱: 桐箱

消費税込価格: 194,400円
[Top Page]